ようこそ

キリスト教

2000年前の当時ローマ帝国の支配下にあったイスラエルで活躍した一人の宗教家イエス。
そのイエスを「わたしの神」と信じる信仰。
長い歴史を通して多くの失敗や過ちがありながらも、なお様々な国で人々が生きる喜びを見いだし続けている、キリスト教とは何でしょうか。

FEBCで放送している番組からズバリ「キリスト教」をキーワードにクローズアップして取り上げていた「キリスト教を知る」を再びお届けいたします。
第1弾はカトリック イエズス会司祭で上智大学神学部名誉教授の岩島忠彦神父様の「岩島神父のキリスト教入門講座」。
「神」、「世界」、そして「私という人間」 ここからキリスト教信仰を新しく見つめる歩みが再び始まります。

岩島神父のキリスト教入門講座へ>>
この講座について>>
聴き方ガイド>>