3.「十字架を背負ってわたしに従いなさい」ーキリスト者の条件

3.「十字架を背負ってわたしに従いなさい」ーキリスト者の条件

3 「十字架を背負ってわたしに従いなさい」
ーキリスト者の条件

ルカ14:25〜33、他

***
1,「退け、私の後ろに、サタンよ」
ーマタイによる福音書16章21〜26節から


(約16分)

2,自分の理想を捨て、神の思いを背負う
ールカによる福音書14章25〜33節


(約25分)

3,「わたしの軛」を負う中で知る安らぎ
―マタイによる福音書11章25〜30節


(約8分)

4,何故、聖書は夢を捨てさせるのか
―キリスト教的リアリズム


(約9分)

聴取期限8/9

 

聖書を読み解く

↑画像クリックで拡大表示します

ポイント
●「十字架を背負う」。一般的に「苦労する」「忍耐する」という意味でも理解されることがあるこの言葉は、しかし、聖書では全く違う視点で語られている。
●ペトロの信仰告白の場面で、マタイがマルコを参照しつつ付け加えた「サタン、引き下がれ」。この原語(退け、私の後ろに、サタンよ)は、信仰者一人ひとりが神との関係でどこに立つべきかを示している。
●ルカ14:25〜33で、憎み捨てるべきものとして描かれる「父、母、妻、子供、兄弟、姉妹」。人が憎しみを抱くのは、相手への期待が裏切られた時。つまりここで憎み捨てるべきなのは、私たちが勝手に思い描く相手への期待。
●何故聖書は、人間に期待や夢を捨てさせるのか。その理解が「十字架を背負う」を受け止める上で決定的に重要になる。

 

聖書は、どうして私たちの夢を捨てさせる?


人生を冷静に見つめる聖書・・・捨てるべき夢であるならば、早く捨てるべき。

聖書は、人に「甘い夢」を見させない?


イエスのことば
「これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。」(マタイ11:25)

エリートではなく、幼子のような者

「すべてのことは、父からわたしに任せられています。父のほかに子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者のほかには、父を知る者はいません。 」(マタイ11:27)

「幼子のような者」のみが、父を知る。

人生には、人間の知恵ではどうにもならないことがある
・・・神の存在を認めない限り。


←前のページへ

2.「心の貧しい人々は、幸いである」―聖書が語る幸福

イエスの、ことばの、その根―雨宮神父の福音書講座第2回2018.5.11(雨宮慧・長倉崇宣)

2 「心の貧しい人々は、幸いである」―聖書が語る幸福
マタイ5:3〜10、他

***
1,「貧しさ」とは何か―聖書の奥行き、イエスのまなざし


(約15分)

2,「天の国」の謎―マタイによる福音書5章3〜10節の構造分析


(約15分)

3,人間が考える「幸い」の限界―創世記の原初史、アブラハム物語から


(約22分)

4,イエスを見るー人間の常識を飛び越える唯一の道


(約5分)

聴取期限7/12

 

聖書を読み解く

↑画像クリックで拡大表示します

ポイント
●精神性・心の問題として理解しがちな「心の貧しい者は幸い」。しかし、イエスがこの言葉に込めた意味を、マタイ福音書は「物乞いをしなければならないような貧しい者は幸い」「絶望的に貧しい者は幸い」と受け取った。
●「囲い込み」の間に置かれた「神的受動形」。この文章構造が示すのは、「天の国」での神と人との関係性。神に徹底的に依存せずには、人間は生きていけない。
●「絶望的に貧しく、徹底的に頼らざるを得ない者は幸い」。という人間的な理解では受け入れ難い主イエスの語る「天の国」を、聖書がどのように伝えようとしているのかが、この箇所の理解の鍵となる。

 

聖書の語る「幸い」とは?


旧約聖書の「幸い」は、現代の私たちと同じ。常識的な「幸い」。

しかし、新約聖書は異なる。
「貧しい」「悲しむ」・・・非常識な「幸い」。

「そういうお前こそが、幸いなのだ!」
・・・イエスはそう宣言される。

何故、そう言えるのか?


「貧しく」「悲しみ」の中で、「柔和に耐え」られた。
「憐れみ深く」「心が清く」「平和を実現した」。

・・・それは、一体誰か?

「心の貧しい者は幸い」

・・・そう語ったのは、イエス。


←前のページへ

1.「神と富」―何を中心に生きるのか

イエスの、ことばの、その根―雨宮神父の福音書講座第1回2018.4.13(雨宮慧・長倉崇宣)

1 「神と富」―何を中心に生きるのか
マタイ6:24〜34、他


聴取期限6/7
(約60分)

聖書を読み解く

「思い悩む」から見える2つのキアスムス(軸対応)

↑画像クリックで拡大表示します

ポイント
動詞メリムナオー:必要が無いのに思い悩んでいる、の意。否定形で使われることが多い。
●「思い悩む」という言葉から見る2つの軸対応(25節・・・31節以下、31節・・・34節)は、それぞれの軸(26・・・30節、32・・・33節)がその根拠となる。
●よって、全体の構成から「神を中心に置く生活」がテーマで、そのことを悟るため野の花や空の鳥を見よと勧める。つまり神の存在をいかに活き活きと自分のうちに留めるかがこの箇所のポイント。

 

でも、人は思い悩んでしまう…


では、人は何を思い悩む?
ルカ12:16~21の金持ちはこう言った。

私はどうしよう。
私の食物をしまっておく場所がない・・・

私はこうしよう。
私の倉を壊してもっと大きなものを建て、そこに
私の穀物、
私の財産をみなしまい、

こう「自分」に言ってやるのだ・・・

私は、私は、私は・・・。

 

 


メリムナオー(思い悩む)。
それは、生存に関わる重要な事柄に心をとりこにするという言葉。

これはとても大切なこと。
だから、それは「何」かが問題。

マルコ12:41~44の「やもめの献金」の箇所で
イエスは次のように言った。

全ての人は、
彼らに余っているものの中から
(ゼロ)を入れた。

だが、この人は、
彼女の欠乏の中から
彼女の持っているもの全てを入れた。
彼女のビオス(地上の生活、生涯)を。

これは、生き方を問うイエスの言葉。

そして、今日の聖書箇所の直前のイエスの言葉は、

「だれも、二人の主人に仕えることはできない。
あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」

1.今、神学をするということ

「神が問われる―私たちの対話的教義学講座」(再)
2018.10.5 石居基夫・長倉崇宣

[目次]
1-1. 教義学とは何か―対話と格闘の学び
1-2. 21世紀の今、神学をするということ
1-3. 日本で、日本人として神学をする
1-4. 神の言葉を聴き・語ることの格闘
1-5. 誰のための神学か


Continue reading →