3.「十字架を背負ってわたしに従いなさい」ーキリスト者の条件

3.「十字架を背負ってわたしに従いなさい」ーキリスト者の条件

3 「十字架を背負ってわたしに従いなさい」
ーキリスト者の条件

ルカ14:25〜33、他

***
1,「退け、私の後ろに、サタンよ」
ーマタイによる福音書16章21〜26節から


(約16分)

2,自分の理想を捨て、神の思いを背負う
ールカによる福音書14章25〜33節


(約25分)

3,「わたしの軛」を負う中で知る安らぎ
―マタイによる福音書11章25〜30節


(約8分)

4,何故、聖書は夢を捨てさせるのか
―キリスト教的リアリズム


(約9分)

聴取期限8/9

 

聖書を読み解く

↑画像クリックで拡大表示します

ポイント
●「十字架を背負う」。一般的に「苦労する」「忍耐する」という意味でも理解されることがあるこの言葉は、しかし、聖書では全く違う視点で語られている。
●ペトロの信仰告白の場面で、マタイがマルコを参照しつつ付け加えた「サタン、引き下がれ」。この原語(退け、私の後ろに、サタンよ)は、信仰者一人ひとりが神との関係でどこに立つべきかを示している。
●ルカ14:25〜33で、憎み捨てるべきものとして描かれる「父、母、妻、子供、兄弟、姉妹」。人が憎しみを抱くのは、相手への期待が裏切られた時。つまりここで憎み捨てるべきなのは、私たちが勝手に思い描く相手への期待。
●何故聖書は、人間に期待や夢を捨てさせるのか。その理解が「十字架を背負う」を受け止める上で決定的に重要になる。

 

聖書は、どうして私たちの夢を捨てさせる?


人生を冷静に見つめる聖書・・・捨てるべき夢であるならば、早く捨てるべき。

聖書は、人に「甘い夢」を見させない?


イエスのことば
「これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。」(マタイ11:25)

エリートではなく、幼子のような者

「すべてのことは、父からわたしに任せられています。父のほかに子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者のほかには、父を知る者はいません。 」(マタイ11:27)

「幼子のような者」のみが、父を知る。

人生には、人間の知恵ではどうにもならないことがある
・・・神の存在を認めない限り。