8.「悔い改めて福音を信じなさい」―旧新約聖書を貫く「悔い改め」の意味

8「悔い改めて福音を信じなさい―旧新約聖書を貫く「悔い改め」の意味
マルコ1:15、他

***
1,人は、御言葉を行うことが出来るか
―申命記30章11〜14節と、1〜10節の対比から


(約32分)

2,「わたしに立ち返れ」
―イザヤが見た無償の赦し


(約7分)

3,罪を誰との関わりで見つめるか
―ユダとペトロの違いから


(約22分)

聴取期限1/10

聖書を読み解く

↑画像クリックで拡大表示します

ポイント
●「悔い改めて福音を信じなさい」。主イエスの公生涯の幕開けとなり、そして、それを貫いた言葉。しかし、雨宮神父様によれば、この「悔い改める」という言葉は、日本語のイメージと聖書が語る内容はだいぶ異なる。
●聖書の「悔い改め」理解の第一歩として、申命記30章から学ぶ。
●「神によって心に割礼を施してもらうことで、初めて御言葉を実行できる」というのが、申命記30章1〜14節の主張。
●更に、申命記の時代よりも行き詰りの時代を生きた預言者「第二イザヤ」の言葉から、「神がどのように人間を呼んでいるのか」を尋ねる。
●人間的に見れば、その裏切りに大差は無いユダとペトロ。しかし、その後の歩みは根本的に異なったものとなった。マタイによる福音書から、二人の裏切りの場面を通し、この違いがどこから来るのかを探る。

 

ペトロとユダ。どちらも裏切った弟子であることには変わりない。
なのに、その後の歩みはなぜこうも違うのか・・・?


ペトロは、イエスとずっと一緒だった。イエスの思いを実感していた。
そして、新約聖書は、神の思いはイエスに於いて余すところ無く実現されていると受け止めている。

旧約聖書も新約聖書も、神の思いを尋ねる中で、「悔い改める」ことをしてきた・・・。


「立ち返る」という日本語は、心の動きには使われないから、「悔い改める」という意味が含まれていることは、日本人には分かりにくい。

日本語の「悔い改める」は、「人間の努力」に力点がある。
しかし、聖書の「立ち返る」は、「立ち返るべき場所」を指し示す。

それが、罪を吹き消した神と結びつくなら、神の愛に包まれ、暖められることになる。


←前のページへ