10.「敵を愛しなさい」―自然のままの姿を越え出る道

10「敵を愛しなさい」―自然のままの姿を越え出る道
マタイ5:43〜48、他

***
0,導入


(約4分)

1,条件付きの「敵への愛」―旧約聖書の眼差しから


(約16分)

2,無条件の「敵への愛」―ルカによる福音書6:27〜38より


(約25分)

3,「肉の人」を越え出る道―マタイによる福音書5:43〜48より


(約15分)

聴取期限3/7

聖書を読み解く

↑画像クリックで拡大表示します

ポイント

  • 「敵を愛しなさい」。キリスト教の代名詞とも言えるこの言葉は、しかし、人間には実行不可能ではないのか。この「人間の現実」を聖書はどう見つめてきたのか、まず旧約聖書のレビ記と出エジプト記から探る。
  • 旧約全巻の中で「敵への愛」が語られているのは、たった2ヶ所。これは、人間にとって「敵を愛する」ことがいかに困難かを示す証拠。
    しかし、この旧約を踏まえているはずの新約では、状況は一変し、「敵を愛する」ことが繰り返し語られる。この「新しさ」は、何に由来するのか。ルカ福音書6:27〜38の構造から考える。
  • 「敵を愛する」ことを私たちが常に出来るわけではないのは、それが人間の自然な心の動きに反しているから。欠けと限界を抱えたままの私たちが、この主イエスの言葉に真向かう道は、どこにあるのか。マタイ福音書5:43〜48を参照し、考える。

聖書で言う「肉の人」とは?


自分を愛してくれる人を愛する・・・自分の兄弟にだけ挨拶をする・・・
つまり「自然のままに生きている人」が「肉の人」。

「それで、わたしたちは、今後だれをも肉に従って知ろうとはしません。肉に従ってキリストを知っていたとしても、今はもうそのように知ろうとはしません。

だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。」(2コリント5:16〜17)

 
「キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者」
この直訳は、「誰かがキリストの中にあれば、新しく創造された者」。
キリストの中にある人は、もう既に自然的なあり方を超えてしまっている。

キリストを通して、神が何をなされたか。
それをよく見つめること・・・
「敵を愛する」という生き方へ・・・。